「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

c0111647_21223120.jpg

早朝の土砂降りの雨が嘘みたいにぱっと消えて、お店のOPEN時間にはピカーっと晴れました。
風も気持ちよく吹いている。
おっと、外の扉に落書きした「雨」模様を消さないと。

晴れると嬉しいSUNDAY。
3色のチョークでぐりぐり新しい絵を描いた。
描き終えた直後に馴染みのお客様。
晴れたから絵が変わっているかもしれないと期待していてくれたようで、グッドタイミング。
遊び心も必要。

ということで明日も皆様のご来店お待ちしてます。
[PR]
by franchesca-cow | 2008-06-29 21:53 |
c0111647_2112215.jpg

雨が降ろうが槍が降ろうが、そんなのカンケーないといつもの馴染みのお客様たち。
嬉しいのはそういうこと。
[PR]
c0111647_2352390.jpg

最近お店の入り口に飾っている一枚の写真。
どこの国なのか?どこの風景なのか?目に止まったひとは必ず聞く。
砂漠のような真っ白な風景。
砂漠の向こうに見える鉄のかたまり。
さあ、この写真は一体何処なんでしょう?
答えを教えると、地元大牟田人は皆目をまあるくする。

普段見ている風景も、このひとのカメラのファインダー越しには美しく見えたんだろう。
毎日見ている風景も少しだけ見方を変えるとそれだけで面白い発見がある。
ね、この町も悪くない。

写真を眺めていると、物事の考え方も感じ方も同じことだと思った。
[PR]
ひとりの女の子がいる。
半年前くらいからfranchescaに良くパンを買いに来る女の子。
ものすごく真剣にパンを見つめて、じぃ~っと見つめて「これをひとつ、あれをひとつ。」
あまりにも真剣なので私はその子に興味深々。
ん~なかなか笑わない、超真剣。

ある時、かなり軽いノリで話しかけてみようと思い「最近よく来るね~」と声をかけると
初めて見せる笑顔で超ニッコリ。
「ふぇ~~なんで?なんで覚えてるんですか?お客さんの顔分かるんですか!?」
とてもびっくりなのは声をかけた私の方で・・・次の瞬間には私の方がその子に質問攻めに合っている。
多分、聞きたいことがいっぱいありすぎたんだろうなと思うくらい10個くらいの質問を一気に投げかけてくる小さな女の子。
タイミング良く暇な時間だった為、カウンターの椅子に座ってもらい一つひとつ質問に答えることに。
ああ、聞けばまだ青春真っ盛り。
誰もが自分の進路に迷う歳。
うわ~こんな時期が私にもあったなと思い出して、イカンよイカンよ中途半端な答えはしちゃならんよと。

思い出すと同じ歳の頃、私も学校帰り毎日通っていた古着屋のねーちゃん達に何でもかんでも聞いてもらっていたな。学校のこと、進路のこと、家族のこと、恋の悩みも。
あ、気づいたら私も古着屋のねーちゃん達と同じ歳になってたのね。

うちの店に来てパン屋になりたいと真剣に考え始めた女の子。
やっぱり、パンを食べてそう思ってくれることはとても嬉しい。
うん、だからこそ夢話はしないけれど興味を持ってくれる話はする。
とりあえず帰るときには両手にパンに関係する本やら業界雑誌を持たせた。
女の子は次にお店へ来たとき、自分用に分厚くて活字だらけのパンの本を買ったと教えてくれた。
なんだかそのことがとても嬉しかった。

まだすごく少ない情報の中にいる、多くをみているわけでもない。
うちだけがパン屋じゃない、そのことを少しずつ分かっていくんだろうな。

そう言えば、たまに訪れる北九州からのお客様。
こちらもパン屋をやりたいと話してくれる若い兄さん、津屋崎のイベントにも遊びに来てくれた。
パン好きな人はどこまでも走るのだねと改めて思う。

FRANCHESCAは負けないようにもっと走らないと。
c0111647_0275955.jpg

[PR]
c0111647_21492345.jpg

久しぶりにカラっとした気持ちいいお天気。
こんな日にお店にこもりっきりってもったいなーい!と思いながら・・・・
仕事の合間に店内のディスプレイをいじりだしたら火がついてしまい、そのままお店の外もちょいとだけ
多分また気づかないくらいにいじくってペンキ塗ったりと・・・どっぷり一人の世界へ。
こういうときの感覚ってパンを作っているときと同じ感じがするのです。
ぐぐぐ~っと引き込まれていく感じ。
これって私だけなんでしょうか。

夕方、壁を見つめて突っ立っている私に「あ、ねーちゃんおった!」といつもの小学生4人組みに囲まれて我に返って、ハイタッチでいつもの挨拶を交わしてまた明日バイビー。
[PR]
梅雨の大雨はお客さんの足を止めてしまうというのに、雨の日が好きで好きでたまらない私はそんななら日さえもやけに一人テンションが高いのです。
雨も風もきっとなんでも極端な状況にワクワクしてしまうようで・・・・。
天気予報は明日も1日中雨、雨、雨。
雨の日は雨の日の過ごし方を。
[PR]
c0111647_2115392.jpg

良くこんなにも降るもんだなあと思う大雨の日曜日となりました。
梅雨に入って湿度が高くなるとカビが発生しやすいのでパンの保存も少し気をつけましょう。
ビーニール袋に入れたまま置いておくとカビの発生が早いので、紙に包んで通気性の良い場所に置いておくか小分けして冷凍保存が一番良いです。


最近、FRANCHESCAのお客様層が幅広くなってきたなと感じます。
OPEN当初は女性のお客が大半を占めていましたが、今は男性のお客様の来店が非常に増えました。
それだけではなくて、年齢層もさまざま。
中高生から100歳近くのご老人まで・・・・。
普通のパン屋としてはごく当たり前のことだと思うのですが、なにしろうちはヘンテコなパン屋ですからね。
気になるのはFRANCHESCAにパンを買いに来る中高生くん達。
学ラン姿で「バケットありますか?」って聞かれる光景ってちょっと不思議。
私が同じ歳の頃は、田舎でこんな店恐くて入れなかったに違いない、いや気にも止めてないような気がする。
その重たいドアを開ける勇気に感謝。
きっと、うちのお店に来る子達は変わり者に違いない・・・・そんなことを雨降りの静かな時間にぼんやり考えながら1日が終わるのです。

来週にはテルテル坊主(だけど、牛)をお店の入り口にぶら下げておこうと思う。
[PR]
c0111647_20342738.jpg

うちのお客さんから貰った10年もののマウンテンバイクはまだまだ現役で、乗るのが楽しくなるくらいスイスイ走ってくれる。
5月に入ってからほとんど何処へ行くにも自転車を飛ばすようになって、もう車には乗らなくても意外といけるかも・・・と思うようになって。
でも、梅雨に入って雨ザーザーの日はどうするのよ?と考え込んで。
運良く、レストランへのパン配達日は晴天だったりで自転車で納品ってこともしばしば。
本日も粉だらけで自転車をこいで帰宅。


※6月の仲間入り※
パン・ド・セーグル・・・・ライ麦配合は60%、酸味も癖も少ないライ麦パン。
             見た目よりは中身やわらか香ばしい食事パンです。

セーグル・レザン・・・・パン・ド・セーグルの生地に赤ワイン漬けのカレンツとグリーンレーズンを
            たっぷり配合。

メランジェ・・・・パン・ド・セーグルの生地にクランベリー、ブルーベリー、オレンジピール、クルミを
        たっぷり配合。

【原材料】
ドイツ産粗挽ライ麦粉、強力粉、ゲランドの塩、モルト、発酵生地、天然酵母
[PR]
おお、なんだか気がつけば夏限定カレーパン登場までカウントダウンが始まっていました。

去年の今頃は、確かサイダーとカレーパンが登場していましたね。
FRANCHESCAには珍しくカレーパンを販売したのです。
焼カレーパンですけどね。
「暑いし、辛い!」と言って欲しいが為に辛口カレー。
どうやら私の好みの辛さは激辛らしく、ちょっと途中で唐辛子の量を調整したり・・・なんてやってました。
個人的にスパイス辛いタイ料理が大好きだったので、昔は舌がおかしくなるくらい食べていました。
でも辛いの度合いが過ぎると「味覚を失うよ。」と言われ、ギクっとして終了。

さてさて、今年はどんなカレーパンなんでしょうか。
かなり今回のはカレーとパン生地の相性に悩みましたが、あと1回試作で調整できるかなと・・・・。
イベントが終了してホッとしていましたが、ぼ~っとしている暇はありませんですね。
6月半ばに登場させる予定でししたが、今年はもう少し先になりそうです。
楽しみにしているお客様、もうしばらくお待ちくださいね。

夢にまでカレーパンが出てくるって・・・・少々やられてますね~。
[PR]
c0111647_19213597.jpg

c0111647_1923575.jpg


More
[PR]
by franchesca-cow | 2008-06-04 19:24 | BAGEL